FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年09月12日 (木) | 編集 |
今日は朝一で整骨院に行きました。
「大分良くなってきましたよ」と言って頂いてうれしかったです。

今日は腰にお伺いをたてながら自宅でアニメーター仕事をしました。
しばらく座ってしまうと腰が固まってしまい、歩くのが困難になるので、少しやったら立ち上がって腰を伸ばしたり足踏みしたりというのを繰り返しました。
とは言え一日中仕事をしたので、さすがにへたばりました。
それでも、永遠に終わらないと思えた大型カットを描き終えることができたのでほっとしました。

ああ、いつになったら腰の痛みに怯えずに体を動かせるようになるのやら。

2013年09月11日 (水) | 編集 |
今日は、ついに職場復帰。
腰の痛みはかなり残ってましたが、ゆっくり歩きながら中野の職場に妻同伴で向かいました。
通勤ラッシュの満員電車なので当然座れません。
妻の同伴は原画の仕事を手伝ってもらうためです。
午前中はアンプスで授業、午後からはパイオニアプロでアニメーター仕事。
座りっぱなしだと腰が固まってしまい、立ち上がるだけで激痛が走ります。
妻にドンキホーテで杖を買って来てもらいました。
5時まで仕事をして切り上げ、途中の仕事を持って帰りました。
整骨院に行くためです。
帰りの電車もラッシュでした。
杖をついていても席を譲ってくれる人はいませんでした。
整骨院は混んでいたので2時間も待たされました。
痛みを伴うカイロ治療をしてもらいましたが、すぐに治る訳もなく明日の予約をして帰ってきました。
いやはや辛い一日でした。

2013年09月10日 (火) | 編集 |
今日こそは出勤しようと思っていたのですが、痛みが思いのほか抜けず、やむなく断念しました。
明日はなにがなんでも行かなければならないので、今日はひたすら静養に努めました。
久しぶりにお風呂にも入り、さっぱりしました。
整骨院の先生にお酒はダメと言われているので、オールフリーのノンアルビールを飲んでます。
さあ、見切り発車で復帰するおばた先生の明日はどっちだ?

2013年09月09日 (月) | 編集 |
今日は夕方、整骨院に行きました。
相変わらず体を起こすのも一苦労で、壁づたい、もしくは妻の肩に手をかけないと歩けない状態です。
整骨院では、「三日経つのに変わらないのはおかしいので検査しましょう」とのことで、今日は別の先生が診てくれました。

検査の結果、ヘルニアになりかけているのでカイロプラクティックをしますとのことで、筋肉ではなく背骨の矯正のようなことをやったら、あら不思議、ゆっくりですがサポートなしで普通に歩けるようになったのです。
私の背骨の状態を模型を使って説明してくれました。
長年の悪い姿勢が私の背骨を大きく歪めていることが良く分かりました。
特に下から4番目の背骨がやばくて痛みのもとのなっていたのです。

保険外治療ですがこれ(カイロ)を続けた方がいいといわれました。
こんなに劇的な変化があるならば、お金にはかえられません。

今日は日中、2社の進行さんから電話がかかってきました。
明後日と明明後日に作画打ち合わせを組みました。
手持ちの仕事もやばいことになっているので、できれば明日から出勤したいと思っているのですが、打ち合わせを組んだ以上は、明後日には絶対に行かなければなりません。
治療したばかりのときは良かったのですが、帰宅してから時間が経つとやはり痛みがじわじわとぶり返してきます。
だからこそ何度も通うことが大切なんでしょうね。
完治するまで休んでいられれば良いのですが、現実との折り合いをどうにもつけなければなりません。
とにかく、この程度で済んで良かったという感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。
お見舞いのメールを下さった方々にも心から感謝致します。

2013年09月08日 (日) | 編集 |
今日は日曜日。

今朝、東京への2020年オリンピック招致が決定しました。
おめでとうございます!

感動的な一瞬でした。
テレビは一日中その模様を繰り返していました。
何故それを知っているのかというと、ぎっくり腰の症状が改善せず今日も仕事に行けなかったから。
整骨院も休みだったので今日は一日中、家で静養していました。
おかげでオリンピックについては随分詳しい知識を得てしまいました。

その代償として、仕事が全然進まないのに締め切りはヒタヒタと近付いてくる。
これはどうしようもない。

今日のテレビの締めくくりは「半沢直樹」。
名台詞は「やられたらやり返す、倍返しだ!」。
半沢の良さは友情に熱く、人との出会いを大切にしているところ。
悪に鉄槌を下していく爽快さだけではなく、人の恩に対しても倍返しをする、そんな彼の生き方が評判を呼んでいるのだろう。

2013年09月07日 (土) | 編集 |
ぎっくり腰二日目となりました。

朝起きたら改善している、という一縷の望みは案の定叶わず、逆に痛みは増していました。
10時に行くつもりでいた整骨院にはとてもじゃないけど行けず、4時になってから妻の手を借りながら車に乗って、やっとの思いで行きました。
丸一日安静にしていましたが表だった改善はなく、水面下での改善が進んでいることをただ願うのみ。

今回のぎっくり腰は、体を酷使してきた私がどうしても休もうとしなかったため、強制的に休みを取らせるという天の采配だったのかもしれません。
いや、間違いなくそうでしょう。
腰をはじめ、目や手にも心から謝罪し、そして感謝します。
すべては健康あってのことであることを再認識します。
これまで何度もこういうことはあったのに、「喉元すぎれば熱さ忘れる」で、いっこうに学んできませんでした。
今度こそ生き方そのものを改めます。

だから早く直してくれー!

2013年09月06日 (金) | 編集 |
今日の大事件について書く前に三日前のことを書きます。

妻から真剣な相談があると言われ、三日前の夜、地元の居酒屋で話をしました。
内容は書けませんが、先日亡くなった友人についてのことでした。
真剣に魂と魂で話し合えたのでとても良かったです。
学び合うために夫婦になったソウルメイト同士なのだから、たまにはこういう場も大切だなぁと思いました。

さて、今日の大事件とは…。

今朝、シャワーを浴びたあと、下着を着ける時に腰に激痛が走りました。
やばいと思いつつも今日、金曜日は大宮のクラーク高校で授業を持っているので行かないわけにはいきません。
ゆっくり東所沢駅まで歩いて行きましたが、痛みは増すばかり。
やっと大宮駅にたどり着きましたが、学校迄の20分の道のりを歩くことは無理と判断してタクシーに乗りました。
クラークでの授業は終始座ったまま行わせて頂きましたが、終わった後にびっくりしました。
立てないのです!
やっと立てたと思ったら一歩が踏み出せないのです。
タクシーを呼んでもらい、生徒のO君に付き添ってもらい大宮駅までたどり着きました。
いつもならそのまま中野のスタジオに向かうのですが、あまりの激痛に今日は無理と判断し自宅に帰ることにしました。
妻に電話して地元の駅に来てもらい、荷物をもってもらいました。
カタツムリのように歩きながら、自宅迄の途中にある東所沢整骨院に立ち寄り診てもらった結果、ぎっくり腰とのことで、重症なので1週間くらいは安静にとのことでした。

帰宅してからすぐにしたことは、以下の4件。

1、今日、打ち合わせを予定していた会社に延期のお願い。
2、昨日、原画仕事を受けてしまった会社にお断りのお願い。
3、明日の夜の授業を休講にしてもらうお願い。
4、明後日のイベントの取り止めのお願い。

回りの人達に多大な迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
一刻も早く直して、今後は健康管理に気をつけて、いい仕事で借りを倍返ししなければ。
何とか月曜から復帰出来るよう、患部を冷しつつ安静にして、この際だから休みなく駆け抜けてきた身体を少し休ませてあげようと思います。
アニメーター、そして講師という職業にとっては最悪の事態ですが、あるがままを受け入れて今に最善を尽くすのみです。