FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年08月23日 (金) | 編集 |
一昨日のことです。

夕刻6時から阿佐ヶ谷の大手スタジオで作画打ち合わせが予定されていました。
私は2、3分前という理想的な時間に着いたのですが、前の人の打ち合わせが押しているとの事で、結局1時間待たされました。

しかし、その間に私の15年前の教え子、8年前の教え子、4年前の教え子が次々と挨拶に来てくれて、退屈することなく価値的に待ち時間を過ごすことができました。
記憶から漏れてしまっている子もいて申し訳ないのですが、トータルすれば教え子は二千人くらいはいるのでお許し下さい。

最近「進撃の巨人」というアニメが話題を呼んでいてます。
見学者とかに好きなアニメを尋ねると、最近はみんな進撃進撃と言うのでどんなもんかいなと思って見てみたら巨人が人を食べる凄絶な作品でした。
キャラクターデザインと総作画監督をやっているのが浅野君という私が担任していた教え子だったので嬉しく思いました。

それ以降、進撃の話題がでるたびに浅野君は教え子なんですよと言うとスゴーイとか言われて悦に入っています。
凄いのは浅野君であって私ではないのですが、教え子の活躍や成長を知ることは先生にとってはよろこびなのです。

ただアニメーターだけをやっている人には味わえない醍醐味かもしれませんが、もちろん相当なる大変さもあります。 

スポンサーサイト