現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年07月28日 (日) | 編集 |
今日は日曜ですが、あいも変わらずスタジオ入り。
ただし一念発起して5時に退社。
「風立ちぬ」を見に行くためです。

吉祥寺で妻と待ち合わせをして映画館に行ったまでは良かったのですが、なんと5:50の回はもう満席。
次は8:20だったのですが、それを見て帰ると11:30くらいになってしまい、持ち帰り仕事をやるのがきつくなってしまうので、今回は諦めました。

夕食を食べて帰ろうということになり、吉祥寺の有名なアーケード「サンロード」を歩いていると、間もなくフラダンスショーが始まるという「ハワイアンキッチン:ププケア」というレストランがあり、思い切って入ってみることに。
しかし大正解。

アロハビールで乾杯をして、ちょっと大味のハンバーグステーキを食べながら、素敵なフラダンスショーを堪能してきました。

P1010724.jpg

P1010733.jpg

フラダンス2

終始にこやかに踊るエンジェルちゃんと呼ばれる若手の二人のダンサーが超可愛くて、もう目が釘付け。
「風立ちぬ」は見そこないましたが、私の心の中に南国の風立ちぬ。

スポンサーサイト
2013年07月07日 (日) | 編集 |
実は今、とある団体から依頼を受けて、その団体の創設者の生涯を描くアニメを作り始めています。
なんと私がプロデューサー兼監督なのです。

今日はその創設者の事蹟を辿る展示会が高田馬場であったので、妻を連れて見に行きました。
そのあとクライアントの担当者とアニメ制作についての打ち合わせをしました。
至れり尽せりのおもてなしを受けて、カステラまで頂いて展示会場をあとにしました。ありがとうございました。

「今日の仕事はこれで打ち切り!!」と決めて、かねてから妻が行きたいと言っていた、新橋旧停車場で開催されている「情景作家ー昭和のミニチュア展」を見に行きました。
数人の作家たちによるドールハウスやミニチュア、そしてジオラマの世界に引き込まれ、感嘆し癒されてきました。

旧停車場
新橋旧停車場と意外に可愛く写った妻

戸塚恵子
戸塚恵子さんの作品

山田卓司
山田卓司さんの新作「踏み切り」

諸星
諸星昭弘さんの作品、テレビの中は絵じゃなくてミニチュアですよ!

その後、パナソニックのショールームでマッサージチェアを堪能した日テレショップをひやかしたあと新橋から銀座まで歩いて行きました。
マッサージ
パナソニックのショールームでマッサージチェアの試乗をする妻

宮崎時計
日本テレビのビルに設置された宮崎駿監督デザインの時計

銀ブラをしている最中に突如降ってきた夕立(豪雨)の雨宿りで入ったカバン屋さんで、図らずもリュックサックを買いました。
今のリュックがボロボロになっていたので、いいのがあったら買おうと常々思っていたのですが、運命的に理想に近いリュックがみつかり、しかも6割引で買えたのです。
銀座
宵闇迫る銀座の風景

ハイサワー
珍しい車をめっけ!

その後もいくつかのアンテナショップを渡り歩いたり、セレブが入るようなお店に入って優雅な気分になってみたり、カレー屋さんで食事をしたりして帰ってきました。

かなり歩いて疲れましたが、半日とは言え久しぶりのオフ日を満喫できて良かったです。

2013年07月04日 (木) | 編集 |
「イリュージョニスト」というフランスのアニメ映画をひょんなことからアンプスの学生たちと観賞することになりました。

M君が「先生は、イリュージョニストっていうアニメを知ってますか?」という質問 をしてきたことが、きっかけと言うかひょんなこと。
私は不覚にも知らなかったし、M君もまた見たことはなかったのですが、いい映画らしいということで友達にすすめているとのことでした。

M君いわく「主人公がおじいさんだというだけで泣けてくる」とのこと。
じゃあ鑑賞会をしようかと言うことになり、私が地元のTSUTAYAでDVDを借りてきてその鑑賞会が昨日実現したという次第。

イリュージョニスト

いやあ、素晴らしい作品でしたね。
手描きのアニメであることもうれしかったけれど、そのアニメート技術の秀逸さには、ただ感嘆しました。
時代に取り残された老手品師と、そんな彼を魔法使いだと思い込んで着いてきたアホな少女との切なくも悲しい、哀愁漂う物語。

アップサイズを避け、極端にセリフを排除した演出(脚本かな?)が見事に独特な作品世界をつくりあげています。
特典映像のスタッフインタビューには各セクションの人達が出てきて熱い思いを語っていたので、学生たちにはいい刺激になったと思います。

アニメっていいね。

2013年07月02日 (火) | 編集 |
ついに7月になってしまった!

現在9本もの作品を抱えているにもかかわらず、先月は1本も請求書を出せずにおわってしまったのです。
つまり先月はアニメーターとしての収入が0ということで、こんなことは初めて。

理由はいたってシンプル。
その前月の末ギリギリに一挙に数本の請求をしたためと、先月やっていた仕事の決着がどうしても月内につかなかったからです。

収入は前後の月で穴埋めはできそうなのでトータル的には問題ないのですが、これがフリーランスというものなんだなあと、いまさらながら思った次第。