現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年05月19日 (日) | 編集 |
今日は1時までスタジオで仕事をしたあと、仕事を手伝ってもらっていた妻とともに、ビッグサイトで開催中のデザインフェスタに行ってきました。

ビッグサイト

お客さんではなく、出展側のスタッフとしてです。

先ずは2時間近くアンプスのブースでキャラクター画のデモンストレーションをしました。

大勢が見ている中で渾身のパフォーマンスをしたのでクタクタになりまいたが、集客効果は大で、沢山のチラシが配れたのでよかったです。

その後、妻と会場を見て回りました。

4階と1階の2フロアで開催していたのですが、会場が広すぎて、4階の方を見切るのが精一杯で、1階には搬出作業に入ってからやっと行けた状態でした。

ありとあらゆる表現手段のオンパレードでいつもながら、とっても楽しめました。

特に今回は、しいたけさんというイラストレーターさんの絵にとてもひかれてご本人ともお話しをさせていただきました。

しいたけ
しいたけさんの絵

しいたけさんはまだ28才の若い女性(福岡県在住とのこと)なので、これからも応援していきたいと思います。

スポンサーサイト
2013年05月11日 (土) | 編集 |
今日は朝から妻にスタジオ入りをしてもらい、原画を手伝ってもらいました。
お礼に昼食をご馳走したのですが、行ったお店は中野駅から徒歩5分ほどにある「アザミ」というカフェレストラン。

アザミ

以前から情報は得ていて、いつか行こうと言っていたお店でなのです。
とことん食材にこだわった洋食が、見た目のゴージャスさから考えられないほどのリーズナブルなお値段で食べられるとのこと。
ネットでも絶賛の声がほとんどだったので、あいにくの雨でしたが、楽しみに向かいました。
混んでいましたが、かろうじて座れ、私も妻も「薩摩豚バラ軟骨のボルドースタイル(850円)」を注文しました。

バラ

とろけるようなお肉が超美味でした。
デザートのソフトクリームも輪をかけて美味しくて大満足でお店をあとにしました。

このブログをご覧の皆様(ほんとにいるのか?)、中野にお越しの際には、是非ともご賞味あれ!

コーヒー



2013年05月08日 (水) | 編集 |
前回のブログで、自宅のコンピュータ問題が全て解決したと書きましたが、その直後にモニターがいきなりいかれてしまって、何も映らなくなりました。

色々試したけれど、どうしてもダメなので「お亡くなりになった」と判断。
ないと困ってしまうので、今日さっそく買いに行きました。
今回我が家で使うことになったPCをかつて購入した中野ブロードウェイの中古PC屋さんにて、9800円で購入。

帰宅して早速設置しましたが、中古とはいえ22インチというのはでっかくて豪華に見えますなぁー。
満足満足。
千円けちって20インチにしなくて良かった!
これが私の部屋のPC環境です。

自宅の机

引用


2013年05月06日 (月) | 編集 |
昨日は妻にスタジオ入りしてもらい原画作業を手伝ってもらいました。
仕事をあがってから中野の「ふくみみ餃子」で380円の餃子定食を食べて帰りました。

餃子定食

巨大な餃子が5つでお味噌汁がおかわり自由。
ご飯は大盛りにしてもお値段一緒。
すごく美味しくて満腹になれて380円というお値段は、コスパ的にはかなりハイレベルなお店です。
セルフサービスなので人件費を浮かしてお値段をやすくしているのでしょうが、お客の立場としては全然OKですね。

とは言うものの、昨日は一日中鼻水が止まらず、体もだるくて、こりゃやばいなとは感じていたのですが、帰宅してからはさらに悪化してしまいました。
薬は滅多に飲まない私ですが、今、倒れるわけにはいかないので風邪薬を飲んでさっさと就寝。

ところが、今朝起きても回復していなかったので今日は、正月休み以来初めての休みをとりました。
実は、ゴールデンウィークの最終日なので、どっちみち休みは取ろうと思っていたのです。
しかし色々立てていた予定はキャンセルして午前中はゆっくり休みました。

午後からは体が回復してきたので、予定していた中の一つ「クレヨンしんちゃん」の映画鑑賞に妻と行ってきました。
映画館は車で15分ぐらいのところにある新座シネプレックス。
映画は、クレしん映画の21作目「バカうま!B級グルメサバイバル」。

shinchan.jpg
nene.jpg

大笑いして楽しんでエンディングで自分の名前を見つけて満足して帰って来ました。

その影響もあって我が家の今夜の夕食は焼きそばになりました。
焼きそばに使ったソースは、先日のクレしん映画の打ち上げパーティーの時にもらってきたしんちゃんの秘伝のソースだったことは言うまでもありません。

今日はそれ以外の時間は、PCの設定関連作業に専念しました。
実は5日ほど前、自宅のPC(7年間使用)があまりにも不具合が激しくなってきたので別の中古品と入れ替えたのです。
それは先月スタジオに新品を入れたために浮いた一台なのですが、スタジオ設立時に自腹でジャンクショップで2万円で買ったもので、OSはウインドウズXP。
マシン自体は快調で全く問題はないのですが、小幡個人とスタジオの二つのホームページのデータをサーバーからダウンロードするのがなかなかうまくいかず、やっとできたと思ったらデータを転送してもホームページに反映されなかったりと苦労に苦労を重ねていたのですが、今日の作業でやっと全てがうまくいったのです。
個人的には、かなり悩んで苦しんで、万策尽きたところにかすかな糸口を見出して、やっと成し遂げた快挙なので感動的なのですが、PCのことが何も分からない妻に言っても「ふうん、よかったね」で終わり。
まあ、これで快適なPCライフが送れるようになったので、一人しみじみと幸せを噛み締めたいと思います。

体は万全ではありませんが、GW最終日にいい決着がつけられて良かったぁ。

2013年05月04日 (土) | 編集 |
ひょんなことから「あした輝く」というコミックを入手しました。

全3巻の3巻目のみです。

あした輝く

実はこのマンガ、19歳のころに読んでものすごく感動した里中満智子の代表作のひとつなのです。

何度も繰り返し読んだ記憶があります。

里中満智子のマンガは私にとって、青春時代の愛のテキストと言っても過言ではなかったのです。

中でもこの「あした輝く」は金字塔とも言うべき傑作だと思っています。

戦時中から始まる親子二代にわたっての壮大な純愛ドラマなのです。

少女マンガというジャンルの枠の中でよくぞここまで描ききったなと思える大作です。

例えて言うならば「冬のソナタ」のような、愛をどこまでも貫き通すという生き方をテーマにした美しいストーリーです。

長い時を経て、最終巻だけとはいえ本日、再読しました。

実は、読む前にかなり躊躇する気持ちがありました。

当時の私から見れば、作者の里中満智子はかなりのお姉さまでしたが、今の私から見れば若い女性なので、内容の浅さが見えてしまうのではないかという不安があり、もしそうだったらあの感動の思い出が輝きを失ってしまうのではないかと思ってしまったからです。

若いころはあんなに感動したのに年数を経てから見ると(読むと)心がときめかないどころか、こんなに陳腐なものだったのかぁ…知らずにいたほうがよかったなぁ、ということが映画などで時々あります。

それは見る目が肥えたからという理由がほとんどですが、年とともに感性がにぶり、ピュアさがなくなってきたためという理由の場合もあるでしょう。

読後の結果はというと、改めて涙涙の大感動。

やはり「あした輝く」はすばらしい作品でした(良かったぁ…)。

この年になっても感動できる自分があることもまた、うれしく思いました。

作品からは、男女の愛、家族の愛、夫婦の愛を深く考えさせられました。

と言うか、この作品と再びであったことに、男女の愛は(いまさら)ともかくとして、家族の愛、夫婦の愛について、もう一度見つめ直せというメッセージを感じました。

この世には何一つとして、偶然はないのだから。

「あした輝く」について誰かと熱く語り合いたい気持ちもありますが、この思いを心に秘めておきたくもあります。

この作品から学んだエッセンスを日々の生活の中で、人知れずじわっと出していければいいかなと思うのです。

2013年05月03日 (金) | 編集 |
今日は夜6時に、親友のT君が中野に来たので結果的に3時間ほどスタジオを抜けて食事をしました。

食事といっても、お互いにいい中年の大人なので 、居酒屋でお酒を飲んだということです。

あろうことか、居酒屋の名前は「玉金」。

たまきん

近況報告や映画の話のほか、老後のプランなんてことも話題になって、いやが上にも年を自覚するはめに…。

と言っても私には老後のプランなどまったくなし。

「そんときはそんとき」と言うのが私の信条なのですが、無論、賛否両論はあるでしょうね。

これはけして無計画に生きるということではなく、将来への不安や恐れに縛られたくないという意味であって、一言で言えば「今に生きる」ことを大切にしたいということです。

なにはともあれ、楽しい時間を過ごせる友人がいることの幸せや健康であることの幸せ、更には好きなことを仕事にして暮らしていけてることの幸せ等々に感謝し、今という時を生ききっていくのみかな。

2013年05月03日 (金) | 編集 |
一昨日は学校(アンプス)のレクレーションデーで、上野動物園に行きました。

10時半の集合完了時刻にまだ19人しか集まりませんでした。

なぜ「19人しか」と表現したのかと言うと、20人以上でないと団体料金が摘要されないからなのです。

一般料金は600円、団体料金は480円。

引率講師としては難しい判断を迫られる状況です。

タイムリミットだし、もうだめかぁ…という時に二人が駆けつけてきて、事なきをえました(ほっ)。

人が20人以上もいれば順調にいくほうが不思議かもね。。

まずは入った所で集合写真を撮り、その後はいくつかのグループに分かれて行動。

動物園

残念ながらパンダはぐたっと寝ていてピクリともしませんでしたが、沢山の動物たちをスケッチしつつ、癒されてきました。

ゴリラ

ちょうど動物園を出る頃から雨がぽつりと降り始め、絶妙なタイミングで守られました。

学校に帰ってからは、レクレーションデーの第二部で、教室に食べ物を用意しての新年度親睦会。

親睦会

ちょっと酔いすぎてしまい、スタジオに戻ってはみたものの全く仕事ができませんでした。

その後はヘロヘロ状態でやっと家にたどりつき、バタンキューで一日を終了ーっ!!

アニメーターとしての仕事がアップアップ状態になりつつあるのでちょっとやばいかも。

と言いながら、普通のアニメーターにはあり得ない日々を楽しみつつも乗り越えて頑張るおばた先生でした(チャンチャン。