FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年02月25日 (月) | 編集 |
私のベルトのバックルには時計が仕込んであるのですが、かなり前から電池が切れていて機能していません。

いくらいじくっても開かないのであきらめていました。

今日、中野のサンモールというアーケードを歩いているとき
「時計の電池入れ換えます」
という貼り紙のある時計屋さんが目に入りました。

「あっそうだ、ここでベルトの時計がなおるかも」
という思いがよぎった次の瞬間、吸い込まれるようにその時計屋さんに入っていました。

要件を尋ねられ
「ベルトの時計の電池を取り替えてほしい」
と申し出てしまいました。

70歳くらいの時計職人と思しき人が早速、作業に入りました。

考えてみると、私はこれまでの人生の中で時計の電池交換をしてもらったことがなかったのです。

電池を買うのだから交換作業はサービスだと思っていました。

ところが、ふと見ると目の前に
「電池交換は現金でお願いします」
という紙が貼ってあるではありませんか。

げげっ、いったいいくらかかるのだろうか?

改めて店内を見てみると高級時計ばかりのすごい店。

さりげなく財布を見ると二千円しか入ってません。

これ以上だったらどうしよう‥と思っているうちに電池交換が終わりました。

代金は1500円。

高いなぁーとは思いましたが、とりあえず手持ちの範囲内でホッとしました。

自宅に帰ってから妻にこの話をしたら
「そんなことで慌てるような人でいてほしくない」
と言われました。

おっしゃる通りです。

tokei 1
一見ただのベルトですが
tokei 2
カパッとバックルを開けると、文字通り腹時計が!!

スポンサーサイト