FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年01月01日 (火) | 編集 |
年末は30日からお休みをいただきました。

30日はお正月のための買い出しに行ったり、年賀状のコメント書きをしてゆっくり過ごしました。

大晦日の31日は妻とスカイツリーを見に行きました。

登るのではなく下から見ただけですが、世界一のタワーはさすがに迫力がありました。

タワー1

未だ登るためには整理券をもらってから長蛇の列に並ばなければいけないので何時間もかかるようです。

今回はスカイツリーの根元にある東京ソラマチというショップ街で買い物したあと、周辺の散策をしました。

スカイツリーが川面に映る名所では人の良い地元のおじさんから講釈を聞くことができました。

川面にタワー

お昼ご飯は「かみむら」というお蕎麦屋さんでテレビでも有名になったタワー丼をいただきました。

タワー丼

帰りの電車から見た一年で最後の夕日は、燃えんばかりに黄金色に輝いていて恐ろしく美しいものでした。

マヤ暦の終焉ということもあり、まるで古い時代が燃え尽きて、新しい時代の始まりを暗示しているかのように感じました。

夜は年越しそばを頂きながら、紅白歌合戦を見て、ジャニーズでカウントダウン。

激動の2012年に別れを告げました。

2013年の元旦、次男ファミリーを迎えてお節料理をいただきました。

生まれて4ヶ月の孫、竜輝(たつき)君が常に話題の中心。

masakihuuhu

大晦日も元旦も気持ちのいい快晴で、まさに平和そのものでした。

新しい時代の素晴らしい幕開けだと実感しています。

愛読しているメルマガから一節を転載します。

「これからは、愛の時代になっていきます。

宇宙のエネルギーが愛なので、エゴが生き辛い時代になります。

抵抗する人には辛い時代で、流れに身を任せる人には

より素晴らしい時代になるでしょう。

楽しむ秘訣はとっても簡単。どこにでも愛をみつけ、いつでも愛を選ぶだけ。」


どこにでも愛を見つけることは難しいかもしれません。

全ての出来事が生成発展を促す宇宙の意思から出ていることを確信してこそかもしれません。

本来ならばこのブログで、新年の抱負というか決意、目標を明確にすべきところですが、最近それが明確に打ち出せない自分に戸惑っています。

思いが現実化しやすい時代に入ったことをこの一年で実感していますが、そういう中で、いったい自分は今後どうなりたいのか?

足りないものを嘆くのではなく、あるものに感謝していこうとずっと心がけてきたせいか、現状に対する不満はなく、あるのはただ感謝のみ。

だから求めるものがなくなってきたのかもしれません。

強いて言えば、もっと世のため人のためになれる自分になれるよう勇気や知恵、パワーが欲しい。

常に成長を志向する存在でありたいとは思う。

ああなりたい、こうなりたいという自分の思いには必ずエゴが介入します。

だからこそ、ただひたすら、人からの頼まれごとをできる範囲で受けながら、目の前のことに専心していこうと思う。

そうすれば、そこに進むべき一番いい流れ、使命が見えてくる。

そのことを確信して今年も一年、ワクワクした気持ちで駆け抜けていきたいと思います。

スポンサーサイト