現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2013年01月27日 (日) | 編集 |
数日前、腰の痛みが癒えたと思ったら今度は背中が痛み出しました。

左の肩甲骨に激痛が走り、まともに息も吸えないほどの症状なのです。

まさか重病では、と思いググって調べてみたら、筋肉の凝り固まりが原因みたいで、整骨院とかでマッサージをしてもらえば大抵は治るらしいとのことで、ちょっと安心。

とは言え、授業はあるしアニメーターとしては七本もの仕事を抱えており、病院に行く時間がどうしても取れません。

作画机に向かっている間は電動のマッサージクッションを背中に当てつつ、痛みをこらえながら頑張るしかありませんでした。

ちなみにそのクッションは、息子が去年の私の誕生日に贈ってくれたものです。

夜は寝返りもできないほどでしたが次第に痛みがやわらいでいって、お陰様で昨日にはほぼ完治しました。

妻以外には言ってなかったので、人知れず苦しみ、人知れず治した感じです。

実は、年賀状をもらって知ったのですが、脳出血で上半身麻痺となり一時は失語症になりながらも現在、懸命にリハビリしている友人がいます。

彼に比べたらどうと言うこともない出来事でしたが、普通であることがどんなに幸せであるかをあらためて認識しました。

幸せってなんだろう。

普通であることが当たり前になりすぎて、人は感謝を忘れてしまうものです。

そして「あれが欲しい、これが足りない…」と何かを求め続けて、それが手に入れば幸せになれると思いこみ、青い鳥を探し続けている人が多いようです。

私自身、そうかもしれません。

しかし、青い鳥が実は身近にいたように、幸せとは手に入れるものではなく「今、ここ」にあることを感じ、それに気づき、感謝していくことなのではないかと思えるようにもなってきました。

多くの人たちや自然、そして宇宙のサポートがあって生かされているこの身です。

それをどう使っていくのか。

サポートされるばかりではなく、自分は何を持って人をサポートできるのか?

何を持って世の中の役に立てるのか?

次第に見えてきたものがあります。

そこにこそ、生まれてきた意味や使命、天職があるのだと思うのです。

色んなことに気づかせてくれた背中の痛みに感謝します。

スポンサーサイト
2013年01月13日 (日) | 編集 |
今日は夕方で仕事を切り上げて神奈川県の大和市に行きました。

高校時代の仲間達が集まる新年会に出席するだめです。

毎年恒例の会ですが、今年の参加者は8人でした。

会を重ねるごとに話題は変化していきます。

今回は、頭が薄くなってきたとか、老眼が進んできたとか、あっちの方が弱くなってきたとか、かなり情けない話題で盛り上がりました。

そんな話を笑い飛ばして語り合うのも面白いものです。


私のようなアニメーターもいれば一流企業のエリートもいますが、社会的地位は全く関係なく、一瞬にして高校時代に戻って語り合える楽しさがとても嬉しい会なのです。

馬鹿話とはいえその中に人生経験のエッセンスがにじみ出てもきます。

私も色々あったけれども、みんなもそれぞれいろんなことがあって今に至っているのだなぁ、なんてことをしみじみと思いもしました。

居酒屋のあと喫茶店でお茶を飲み、一年後の再開を約して別れました。

とても楽しい夕べでした。

2013年01月11日 (金) | 編集 |
我が家に超でっかいミラーがきた-っ!!
とりあえず、ミラーマンと読んでますが何か?


ミラー

2013年01月08日 (火) | 編集 |
今朝、地元の整骨院に行ってから職場に向かいました。

痛みはほとんど取れたのでこれで最後のつもり。

健康のありがたみを痛感したので、今後はセルフケアをしっかりしていきます。

実は、寝正月のせいで明らかに体重が増えた感じがあったのですが、恐ろしくて体重計に乗れないでいました。

でも、「先送りはしない」という決意をしたので、今朝、勇気を出して体重計に乗ったのです。

ガーン…思っていた以上の体重増にショック!

健康のためにダイエットしまーす。

2013年01月08日 (火) | 編集 |
新年の2日に腰を痛めてしまい、はからずも寝正月になってしまいました。

ほぼ、ぎっくり腰状態。

4日から営業開始の東所沢整骨院に行きましたが、それだけですぐに良くなるわけもなく、5日から予定していた仕事初めを諦めて再び整骨院に行きました。

30歳くらいのきれいな女の先生が担当してくれてラッキーと思ったのも束の間、激痛を伴うマッサージに堪え忍ぶ時間となりました。

先生によると、腰とおしりの筋肉が凝り固まっているとのことで、日頃のケア不足を痛感しました。

本当に働きづくめの一年だったからなぁ。

何の保障もない仕事なので、まさに体が資本。

改めて健康第一を決意した次第です。

実は、自分の体だけでなく、一昨日、調子の悪かったコンピュータのメンテナンスをしました。

動作があまりにも鈍く、フリーズすることが多くて、時々「Cドライブの空き容量が不足してますよ」と言う警告が出てはいたのですが、よくわからないのでずっと無視していました。

最近、あまりに支障が大きいので調べてみたところ、Cドライブの空き容量がほとんど皆無に近いことが判明。

不要なデータを削除するとともに、色々調べた結果、大きなデータをDドライブに移動させるといいらしいということが分かり、やってみたところ見事に問題が解決!

サクサクとはいかないまでも、ちゃんと動くようになりました。

コンピュータ歴は長いくせに、そういうことが極端に苦手な私にしては快挙なことなので、誰か誉めてくだちゃい…と言いたいところだったのですが、昨夜再びフリーズしてしまいました。

強制終了して立ち上げようとしたところ見たこともないブルーバックに英語がびっしりの画面で止まってしまい立ち上がりません。

何度強制終了して立ち上げようとしても同じです。

メンテナンスで余計なことをしてしまったのか?

もしくはPCの寿命なのか?

もう七年も使ってきたからなぁ…。

悔やまれるのは大事なデータのバックアップをしていなかったこと。

絶望的な思いで床に就きました。

ところが今朝、目覚めてみると、なんとPCが普通に立ち上がっていたのです。

短時間だけ奇跡が起こっているのかもしれないと思い、まず大事なデータのバックアップ作業をしました。

これで最悪の事態は回避できました。

今日、学校でPCに詳しい学生に聞いてみたところ、ブルーバックに英語びっしりは、PCが自己修復している最中なので、慌てないでしばらく放置しておけばいいとのこと。

なるほど、一晩、はからずも放置していたから直ったようです。



ところで、昨日6日は体験入学があるので這ってでも行かねばなりませんでした。

コルセットで身を固め、ゆっくり歩きながら初出勤しました。

辛さを微塵も表に出さず、渾身の指導をしてきました。

帰りの電車ではご老人に席を譲るという偉さ(えっへん)。

さあ、いよいよ仕事の方も本格的なスタートだ。

今日から授業も始まったし、立て続けにいくつもの作画打ち合わせも入ってきます。

進行さんからの催促電話を右から左へといなす日々にもなるのだ。

去年と同じではなく進化した一年にするために決意したことがあります。

それは、「やるべきことを先送りしない」ということ。

それは言い換えれば、逃げないと言うことであり、かつまた勇気を出して生きるということでもある。

2013年01月01日 (火) | 編集 |
年末は30日からお休みをいただきました。

30日はお正月のための買い出しに行ったり、年賀状のコメント書きをしてゆっくり過ごしました。

大晦日の31日は妻とスカイツリーを見に行きました。

登るのではなく下から見ただけですが、世界一のタワーはさすがに迫力がありました。

タワー1

未だ登るためには整理券をもらってから長蛇の列に並ばなければいけないので何時間もかかるようです。

今回はスカイツリーの根元にある東京ソラマチというショップ街で買い物したあと、周辺の散策をしました。

スカイツリーが川面に映る名所では人の良い地元のおじさんから講釈を聞くことができました。

川面にタワー

お昼ご飯は「かみむら」というお蕎麦屋さんでテレビでも有名になったタワー丼をいただきました。

タワー丼

帰りの電車から見た一年で最後の夕日は、燃えんばかりに黄金色に輝いていて恐ろしく美しいものでした。

マヤ暦の終焉ということもあり、まるで古い時代が燃え尽きて、新しい時代の始まりを暗示しているかのように感じました。

夜は年越しそばを頂きながら、紅白歌合戦を見て、ジャニーズでカウントダウン。

激動の2012年に別れを告げました。

2013年の元旦、次男ファミリーを迎えてお節料理をいただきました。

生まれて4ヶ月の孫、竜輝(たつき)君が常に話題の中心。

masakihuuhu

大晦日も元旦も気持ちのいい快晴で、まさに平和そのものでした。

新しい時代の素晴らしい幕開けだと実感しています。

愛読しているメルマガから一節を転載します。

「これからは、愛の時代になっていきます。

宇宙のエネルギーが愛なので、エゴが生き辛い時代になります。

抵抗する人には辛い時代で、流れに身を任せる人には

より素晴らしい時代になるでしょう。

楽しむ秘訣はとっても簡単。どこにでも愛をみつけ、いつでも愛を選ぶだけ。」


どこにでも愛を見つけることは難しいかもしれません。

全ての出来事が生成発展を促す宇宙の意思から出ていることを確信してこそかもしれません。

本来ならばこのブログで、新年の抱負というか決意、目標を明確にすべきところですが、最近それが明確に打ち出せない自分に戸惑っています。

思いが現実化しやすい時代に入ったことをこの一年で実感していますが、そういう中で、いったい自分は今後どうなりたいのか?

足りないものを嘆くのではなく、あるものに感謝していこうとずっと心がけてきたせいか、現状に対する不満はなく、あるのはただ感謝のみ。

だから求めるものがなくなってきたのかもしれません。

強いて言えば、もっと世のため人のためになれる自分になれるよう勇気や知恵、パワーが欲しい。

常に成長を志向する存在でありたいとは思う。

ああなりたい、こうなりたいという自分の思いには必ずエゴが介入します。

だからこそ、ただひたすら、人からの頼まれごとをできる範囲で受けながら、目の前のことに専心していこうと思う。

そうすれば、そこに進むべき一番いい流れ、使命が見えてくる。

そのことを確信して今年も一年、ワクワクした気持ちで駆け抜けていきたいと思います。