現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2012年12月27日 (木) | 編集 |
五日前(12月22日)にテレビとブルーレイレコーダーが我が家に届きました。

やっと人並みのテレビライフがスタート‥‥するはずだったのですが、そうは問屋が卸しませんでした。

何度かいじっているうちにレコーダーのディスクトレーが出なくなったのです。

初期不良か?!

仕方がないので一昨日、妻と長男がレコーダーの購入先のヨドバシカメラ吉祥寺店に現物を持っていきました。

もちろん交換してもらうためです。

ところがそこでは順調に作動してしまったのです。

「特に問題はありませんので、大丈夫です。何かありましたらまたお持ち下さい」的なことを言われてスゴスゴと帰って来ました。

自宅でも確かに最初は作動しましたが、いざ、DVDを見ようとすると、またフリーズしてしまい、再び、うんともすんとも言わなくなりました。

そして昨日、「何がなんでも交換してもらおう」との思いで、私がデッキを持ってヨドバシカメラに赴きました。

ところがお店では、あろうことか機械が調子よく動いてしまうのです。

「特に大丈夫のようですが、平らなところでご使用でしょうか?」とか言われてしまいました。

「あと何回か試して下さい。はじめは調子がいいんです。」

再度試してもらうも、トレーは出続けました。

「現実に不調だから持ってきたんです。持ち帰ってまた動かなくなったら、またこの繰り返しです。取り替えていただけませんか?」

「不具合が確認できませんと交換はしかねるんですよ」

店員の言うことも分かるけれど初期不良機を持ち帰ることには強い抵抗があったのでさらに食い下がりました。

「メーカーに問い合わせてみますのでお待ち下さい」

と言って店員は電話をかけ始めました。

メーカーと何を話したのかはわからないが、数分後に戻ってきた店員が

「申し訳ございません。やはり一旦はお持ち帰り頂きまして、また症状が出ましたら出張修理ということもできますので、そうして頂けませんか。私の名刺もお渡ししておきます」

不機嫌な顔も見せずに誠実な対応をしてくれているのは良くわかる。

しかし、私はもう一回だけ食い下がりました。

「わかりました。ただ、お手数ですが、あと一度だけ試して頂けませんか」

「わかりました」

そして再試行。

トレーは出る。

しかし、店員の様子がおかしくなる。

「開け閉めを繰り返したためか、別の症状が出てしまったので、ちょっとお待ち下さい」

しばらくいじったあと

「あっ、直りました」と言って開閉ボタンを押す。

今度はトレーが出ない。

何度やっても出ない。

待ちに待ったセリフが店員の口から出ました。

「症状が出ましたね。交換させていただきます」

ということで長い戦いは終わり、今、我が家には問題のない機械が設置されているのです。

勝ったとか負けたとかでもないし、ヨドバシカメラが悪いわけでもなんでもないけれど、ここにひとつの問題が解決を見たということです。

理不尽なことが起こった時のコントロールしがたい自分の心理(イライラとかもって行き場のない怒り)と対峙することができたし、何としても解決したいという強い思いを現実化させることができたことは大きな収穫だとも思っています。

スポンサーサイト
2012年12月23日 (日) | 編集 |
ついに我が家に液晶テレビがきました。

10年以上使ってきたブラウン管テレビの不具合が限度に達したので買い替えたのです。

それと同時に遅ればせながら我が家もついに地デジ化しました。

サイズが29インチから37インチになり、画質は格段と美しくなりました。

ネットとも繋いだので、まずは機能を覚えて、便利なテレビライフを過ごしていきたいと思います。

2012年12月20日 (木) | 編集 |
今朝、出勤前に地元の喫茶店で妻とモーニングを食べてきました。

今日オープンした「オランダ坂珈琲邸」というお洒落な喫茶店です。

オランダ0


ここ東所沢店は、東大和店に次いで二店目のようで、まさにこれからチェーン展開しようというお店のようです。

大事な二店目をよくぞ東所沢のような田舎町に作ってくれました。

朝7時からオープンとのことだったので「行列ができてるかなぁ」とか言いながら二、三分前には着いたのですが、ちょっと早目に開店したようで、すでに何人かのお客さんが入っていました。

一番乗りしたかったわけではありませんが、開店前に何人くらい並んでいたのかは知りたかったかな。

扉を開けると店長と思われる紳士が満面の笑みで迎えてくれ、席まで案内してくれました。

和洋折衷の内装が素敵です。

あいにくテラス席は埋まっていたのでテラスに一番近い席に着いて、モーニングをオーダーしました。

オランダ2


420円のコーヒーにトーストとゆで玉子がついてくるのですが、新聞チラシについていたクーポン券でサラダも追加しました。

ウエイトレスの女の子が1人残らずポニーテールだったのは偶然なのか意図的だったのか、ポニーテール好きの私ならではの謎が残ってしまいました。

客層的には、我々のようなペアは三組くらいで圧倒的に単独のお客さんが多かったのですが、家族四人というグループもありました。

オープン初日の開店時間に皆で行こうと話し合ったのでしょうね。

他の人たちもオープン初日を楽しみにしてた人たちだということを考えると、ほほえましく思います。

いつもなら慌ただしい朝ですが、今日はピカピカの喫茶店で30分ほど、優雅な時間を過ごすことができました。

喫茶店など、めったに行かない私ですが、こういう時間の過ごし方もいいものだと思いました。

会計の時、オープン記念の紅茶を頂いて一旦帰宅し、すぐに出勤しました。

この喫茶店が地域に愛され、地域の人たちが自慢にしたくなるようなお店になってくれたら嬉しいです。

実はすぐ近くに二日前にオープンしたばかりのラーメン屋さんがあるのです。

こちらも近日中にチェックせねば…

2012年12月15日 (土) | 編集 |
大宮の高校で週一回やってきた授業も今日で年内最後。

私が担当しているのはアニメマンガゼミで学年に関係なく三十人くらいが受講してくれています。

他にも声優や歌唱、美容や格闘、釣りなどのゼミもあって在学中の三年間に毎年どれかを選んで受けられるシステムなのです。

今日の授業は、公募されている茨城県小美玉市のマスコットキャラクターのデザインに取り組んでもらいました。

授業内では終わらないので、冬休み中に完成させることを宿題にしました。

若い子達の感性にはいつも刺激を受けます。

大宮駅までの帰途にある大宮博物館で「昔の道具とくらし展」という催しが開催されていたので立ち寄ってきました。

明治から現代に至るまでの暮らしや生活道具の変遷が分かりやすく展示してありました。

601
60年前の暮らし

602
60年前の食卓

401
40年前の暮らし

402
40年前の食卓

実際に手に触れて良いものも多くあり、石臼を体験させてもらいました。

大豆を入れて石臼を回すと石の隙間からいい香りの粉が出てきます。

「きな粉みたいな匂いですね」と言ったら「まさにこれがきな粉ですよ」と言われ自分の無知を恥じました。

石臼
生まれて初めての石臼

そう言えば大豆ときな粉を結びつけて考えたことはなかったなあ。

もしかしたら、そう言う物っていっぱいあるかもしれないなと思いました。

例えばうどんとかラーメン、スパゲッティの麺って何でできているのでしょうか?

みんな小麦粉っぽくも思うのですが、あんなに違いがあるのも不思議だし‥。

それから、プラスチックの原材料って何なのでしょうか?

うーん、意外と無知な自分にびっくり。

調べてみようっと。