FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2012年08月10日 (金) | 編集 |
日々、オリンピックの熱戦が繰り広げられ、喜んだり悔しがったり、もう大変です。

卓球の団体戦は強豪中国に敗れ銀メダルになりましたが、インタビューに対する愛ちゃんの涙の受け答えには感動の涙を禁じ得ませんでした。

「20年間頑張ってきて良かった」という一言に込められた重さを私は誰よりも知っているつもりです。

彼女が三歳のころから、ずっと見守ってきたのですから。

しかし、スポーツ観戦では、勝ち負けにこだわると、相手のミスを喜ぶとか失敗してくれと願うとか、要するに人の不幸を期待するような集団心理が働くことがいやですね。

愛国心はいいのですが、その裏返しが他国への憎悪に繋がってしまうのは、むしろ悲しいことです。

このようなネガティブな情念の延長線上に戦争があることに、我々はもういい加減、気付かなければいけません。

人を殺すことが人間として最も悪いことだと誰もが知っているのに戦争がなくならない理由はそこにあります。

技術を称賛しあい、健闘を讃え合うような気持ちの良いスポーツ観戦がしたいものです。

スポンサーサイト