FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2012年07月13日 (金) | 編集 |
こんな夢を見た。

デパートの地下売り場で革製品の展示会をやっている。

いろいろ見ていると、定期入れや名刺入れの販売コーナーを見つける。

今使っている定期兼名刺入れがぼろぼろで、ちょうど買い替えたかったので、いいのがないか物色する。

機能的に理想のものが見つかったので値札を見てみると、通常価格8100円のところが特別価格で2000円とのこと。

レジに持っていくと、太ったおばさんが「いい買い物をしましたね。サービスしましょうね」と言い、箱を出す。

箱の中には漢方薬とパン、そしてケーキが入っている。

おばさんが私に漢方薬とパンを渡してくれようとした時、酔っぱらったようなおじさんが横からひょいとパンを取り上げてしまう。

おばさんが「お客様、それは…」と言うものの、おじさんはとっとと歩いて行きながら「ありがとうよ、そちらさんはケーキで盛り上がってくれや」と後ろ姿で言って去っていく。

私はケーキを貰うことになるが、むしろラッキーと思う。

と言う夢。

この通りじゃないにしても予知夢であるといいなと思う。

この夢の中に漢方薬が出てきていることに関連している出来事が実はあった。

昨日、妻が自転車で走っているときいつも通過する書道教室の窓から中に貼ってある「好転」という文字がたまたま目に入って、何かウキウキしたと言う話を聞いていたのだ。

物事が好転するときには得てしてネガティブに思えることが立て続けに起こると言う。

漢方で言う好転反応と言うものだ。

自分の中にないものは出てこない。

自分の中にある宿命的な課題が他人や環境を通して出てくるのだ、という考え方があり、私はそれを取り入れている。

だから、人を批難せず、不平や不満、愚痴や文句を言わず、世の為、人の為になる存在として目の前のことに淡々と真剣に取り組んでいくのだ。

そうすれば何があろうとも、きっと良くなる。

そして、良くなる為の今なのだから、すべてを受け入れ、すべてに感謝していきたい。

スポンサーサイト