現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2012年06月27日 (水) | 編集 |
こんな夢を見た。

台湾のローカルな町で、発車間際の電車に駆け込み乗車をした。

車内には私一人きりしかおらず、窓がないので、どっちに進んでいるのかも分からない。

都会の方に行って飛行機で日本に帰りたいのだが、ますます地方の方に向かっているのではないかと不安になる。

中国語はしゃべれないし、どうなってしまうのかと困惑している最中に、ふと目が覚めた。

あっ、ここは日本だから、もう何の心配もいらないんだ、とホッとした。

今回に限らず、夢で良かったぁー、ということは、たびたびあるし、逆に現実じゃなくて残念という時もある。

前者で言えば、殺人をしてしまった夢を見たことがあって、目が覚めたときにどんなに胸を撫で下ろしたことか。

後者で言えば、空を飛ぶ夢を見たときには目覚めたときに、とても残念に思ったものだ。

日頃、私がよく言っていることがある。

世の中には、良い出来事も悪い出来事もなく、出来事自体は、ただ起こっただけの中立的なこと。

それをネガティブに受けとめれば、恐れや不安になるけれども、ポジティブに受けとめれば、期待とワクワク感になるという論理。

そんな自分が、いざとなると感情に翻弄されて不安におののくこともあるのだから、人間としてまだまだだ。

今回の台湾での一件は、目覚めたことで問題が一瞬にして解決した。

そうか、目覚めればいいのか、とふと気付いたのだ。

この世には悪いことがいっぱいあるという思い込みの世界に私は今、住んでいるけれど、実はこれは夢の中のネガティブな世界であって、目覚めてみれば悪いことなど何もないポジティブな世界だったということになれば良いのだ。

そしてそうなるには、今、そう思う(目覚める)だけでいいのだ。

私達がなぜ地球という惑星を選んで生まれてきたのかというと、感情に翻弄されやすく、自分に制限を設けやすいという特性を持った地球人の体を通して、それを乗り越えるこで成長するためのようなのだ。

私が生きている間に人類はネガティブな夢から目覚めるだろうか。

いや、人じゃなく、先ずは自分自身が目覚めることが大切なのだ。

自分が波紋の中心に、波動の発端に、千里の道の一歩目になっていこう!

スポンサーサイト
2012年06月24日 (日) | 編集 |
今日、ついに職場に復帰しました。

まだ痛みはあるものの、それどころじゃない忙しさ。

二日間休んだつけは余りにも大きかった。

何人もの制作進行さんからかかってくる催促の電話。

見学者の応対。

土曜ゼミの授業。

明日に迫った入社試験に備えて学校に来ている学生達の履歴書やポートフォリオのチェック。

時は怒涛のように流れ、あっという間に退館時刻の10時。

明日は腰の調子が良くなっていれば、六人の学生が試験を受けにいく和風アニメーションに、ご挨拶もかねて付き添うつもりなのですが、どうなることやら。

最近、一見すればネガティヴなことがたて続けていますが、これはまさにデトックスだと思っています。

汚い話ですが、腸にこびりついた宿便が出てきているようなもの。

出尽くしたらどんなにスッキリするだろうかと今からワクワクしています。


2012年06月22日 (金) | 編集 |
朝起きたら、全快しているという虚しい希望は叶わず、腰はかなりの痛みで疼いていました。

結局、大宮の高校での授業は妻に代行してもらうハメに‥。

妻が出かけてしばらくしたらメールが入って「人身事故で電車が止まってしまい遅れることが必至」とのこと。

妻も重い気持ちで出かけただけに、泣きっ面に蜂とはこのこと。

高校に電話して、課題をFAXで送り、それを進めておいてくださいとお願いし、遅刻の対処をしました。

そんなトラブルはありつつも、まあなんとか無事にやってきてくれたようで良かったぁ‥。

妻には心から感謝。

とっても親切にして下さったという学校のスタッフにも感謝。

夕方になって、なんとか立てるようになったので、近くの整骨院に車で行ってきました。

悶絶するようなワイルドなマッサージを受け、ビリビリするワイルドな電気治療をしたあと、ワイルドにテーピングしてもらったら、お陰様でかなり良くなったぜ。

まだまだ疼きはあるものの、普通に歩けることの幸せをしみじみと実感したぜ。

夜、いくつかの会社から仕事の状況確認の電話がありましたが、ぎっくり腰で二日間寝込んでいたことを説明しご容赦を賜った次第。

とはいえ締め切りが伸びるわけもなく、この二日間のしわ寄せは明日からの頑張りで解消せねばなりません。

しかし、寝込みながらも生き方に関する本(「宇宙を味方にする方程式」小林正観著)を読みながら人生を深く考えることができたので決して無駄ではありませんでした。

全ては必然であり、必要であり、ベストなことなのだから、この世には「良くないこと」は一つもないのだ。

別な言い方をすれば「全ては良くなるために起こっている」のだ。

さあ、明日から頑張ろう!!

2012年06月21日 (木) | 編集 |
昨日からの腰痛が全く改善しません。

歩けないので病院にも行けないため、今日は自宅療養に専念しました。

全く休みなしで1日13時間労働、働きすぎてきたことに体が悲鳴をあげてしまったのだと反省し、体への感謝お詫び、労いを込めて布団の中でゆっくりと読書して過ごしました。

未だにトイレには這って行く状態なので明日がどうなるか分かりませんが、明日は大宮の高校で授業があります。

これが絶対に休めないという講師業の辛いところ。

朝の体調しだいですが、行けそうもなかったら妻に代行を頼もうと思っています。

2012年06月20日 (水) | 編集 |
今日、トムスエンターテイメントさんに「黒魔女さんが通る」という作品の作画打ち合わせに行きました。

パイオニアプロダクションと同じ中野区内の会社なのですが、電車だとかなり大回りになるので歩いて行くことにしました。

片道25分かかったので近いとは言えない距離。

朝から腰の具合がちょっとおかしいなと思っていたのですが6時ころスタジオに戻ってからだんだん痛みだし、ついに激痛状態。

歩くのもままならないくらいになってしまいました。

いつもなら10時までいるのですが痛みに耐えかねて今日は9時で上がりました。

健康だけが資本の仕事なので健康管理には本気で気をつけていかねばと、文字通り痛感している次第。

まずはこの痛みをなんとかしなければ…。

2012年06月18日 (月) | 編集 |
父の日、息子が牛めし弁当とカレーを買ってきてくれた。

今夜は牛めし弁当を美味しくいただいた。

心から感謝。

ぎゅう

しばし、亡き我が父を偲ぶ。

弟の誕生日が近いので、お祝いをメールで送った。

家族の大切さを改めて噛み締める。

忙しさに流されてはいけない。

「今」という時と「身近にいる人達」を大切にしていこう。