現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
2012年05月27日 (日) | 編集 |
今日は、朝9時から夜10時まで一心不乱にアニメーターとしての仕事をしたので、かなりはかどりました。

ほとんど毎日、授業かイベントがあるので、実を言うと、こういう日は珍しいくらい。

とは言え、仕事がはかどったことを喜んでいる今日が日曜日であることは、ちょっとばかし微妙なところではあるなぁ。

ほとんどのアニメーターがアニメーター稼業に専念しているわけですが、それもまた嫌だなと思う私なのです。

ところで、某アニメ背景会社の社長さんが3人の社員から不当賃金とパワハラで訴訟を起こされました。

内容的にはこの業界ではよくあることですが、もちろんよくあってはいけないことなので、一石を投じてくれた彼らの勇気には拍手を送りたいと思います。

正しいことを正しいと言う勇気。

間違いを糺す勇気。

良くないことが当たり前になると、渦中の人は時として麻痺してしまい、それを糺そうとする人をおかしいとすら思ったりするものです。

苦しくて辛いのに、そこに波風を起こして巻き込まれるよりは、何とか生きていられる現状に甘んずることを選択してしまうのでしょう。

自分の中にもそんな部分があるのではないか?

そんなことを思索する機会を与えてくれた事件でした。

ただし、現実的には、自転車操業の会社を訴えても何もでてこないし、逆に会社がつぶれてしまえば自分の職場すら失ってしまうという矛盾も抱えています。

根源的な原因が会社ではなく業界にあるとすれば、それは何なのか?

スポンサーが5千万円出していても、制作現場には1千万円しか下りてこない現実があります。

横の結束を持てないアニメ業界は、海千山千のテレビ局や広告代理店の言いなりになるしかありません。

年貢を厳しく取り立てられ「生かさず、殺さず」という扱いを受けていた江戸時代の水のみ百姓のような状態です。

「広告代理店が悪い」というのは簡単ですが、アニメ業界そのものが持っている腐った根性をまずは正していくべきだと私は思うのです。

それは根っからの貧乏性と諦めの心だと私は思っています。

どこから手をつけていけばいいのか。

まずは自らの命の中にある貧乏性と諦めの心をたたき出していくところから始めていくしかありません。

ちなみに事件の詳細はこちら

スポンサーサイト
2012年05月14日 (月) | 編集 |
昨日は一時までパイオニアプロダクションでアニメーター仕事をしてから、ビッグサイトに出掛けました。

ビッグサイト

デザインフェスタに出展しているアンプスのブースでキャラクター描画のデモンストレーションをするためにです。

描いた絵

渾身の実演は、そこそこ注目を浴び、そこそこの成果はあった模様。

その後、広い会場を見て回りましたが、様々な表現の世界に、ただただ感心してしまいました。

木目アート

会場

スウィーツ引き出し

まだ陽の目は見れなくても、好きだから創るんだ、という人たちのパワーとオーラは、とても気持ちのよい空気を醸(かも)し出し、癒しの空間を作ります。

ドール

時計

ミニ料理

自分もまたそのようなクリエイターの一人としていられることを心から嬉しく思う私でした。

チャンチャン

2012年05月13日 (日) | 編集 |
今日、中野ブロードウェイの「まんだらけ」に6冊の古い少女マンガ誌を売りに行きました。

私にとってもリアルタイムでないほど古い昭和30年代の漫画誌です。

ゆめ

どこで買ったかも覚えていないくらい昔に入手したもので、引越しの荷物の整理の時にしか目にすることなく今に至っていた物です。

この本たちからは、もうエネルギーは貰ったし、すでにお勤めが終わった物として、手放すことにしたのです。

まんだらけの「買い取りどころ」というところに並んで待つこと10分。

腕にタトゥーのあるスキンヘッドのおっちゃんが出てきて、その人に査定されることになりました。

せいぜい1冊100円くらいかと思いきや、何と1冊600円にもなり、ビックリ!

婚期をとうに過ぎた「行かず後家」の娘たちがやっと貰われていったという感じ。

新しいご主人様に大事にしてもらえるといいな。

2012年05月09日 (水) | 編集 |
これから何をやったら自分は幸せになれるのだろう、直感の声に耳を傾けてみよう。

ということが今朝、電車の中で読んでいた本に書いてありました。

目を閉じてメッセージを待ちましたが降りてくるものはありませんでした。

ふと目を開けると車内広告があり、キャリーパミュパミュがいて、「はたらくを楽しもう」と書いてありました。

あっ、これが答えだ、と直感的に思いました。

そうです、答えは問いかけとともにやって来るのです。

というか、問いかけは答えとともにあると言っても良いかもしれません。

これまでに、こういうことは何度も経験してきました。

よーし、今日も仕事を楽しもう!

アニメの制作とアニメの教育というライフワークに今日も生きられることに感謝しよう。

そうだ、その感謝の中に、すでにして幸せはあるのだ。

幸せは、なるものではなく、気付くものなのだ。

そんな思いが感謝とともに駆け巡り、私は幸せな気持ちになりました。

2012年05月06日 (日) | 編集 |
昨日は夕方で仕事をあがりました。

なぜかというと、映画チケットが数枚手に入ったというアニメーターゼミの学生の招待をいただいていたからです。

学生といっても自分で事業をおこされている38歳の方。

総勢4名で東武練馬駅近くの映画館に行ってきました。

予定では阿部寛主演の「テルマエロマエ」を観るつもりでいたのですが、満員で席が取れず、話し合いの結果、アニメ映画「ももへの手紙」を観ることになりました。

ところがこれが大当たり。

mm

内容的にも、アニメの技術的にも、本当に良く出来た名作でした。

クライマックスでは思わず泣いてしまいました。

本当にいいものを見せていただきました、という感じ。

特に、アニメーターの神わざには、大いに刺激を受けてきました。

映画の鑑賞後は近くの居酒屋さんで3時間ほど楽しい食事をしてお別れしました。

やっぱりアニメっていいよなあ。