FC2ブログ
現役アニメーターであり,アニメ教育にも命をかけているおばた先生が,日々の出来事や思いを綴ります。2012年1月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/obatasensei/
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2018年10月13日 (土) | 編集 |
今週は今日までに、作品Aの2原が終わり、作品Bの1原が終わり、作品Cの絵コンテが終わり、やっと5日前に打ち合わせをした作品に着手できる状態になりました。

よーし、取りかかるか。

ちょっと待ったー!

その前に、あまりの忙しさでカオスと化していた仕事机の断捨離をしようと思い立ち、1時間かけて決行しました。

20181012_131827.jpg

整理整頓された机は気持ちいいし、作業も効率的になります。

昨日、泣きつかれて断りきれずに8カットだけ請けてしまった作品も含めると、今現在抱えている作品は6本。

ちょっと過剰ぎみですが、がんばりまーす。



スポンサーサイト
2018年10月03日 (水) | 編集 |
若い人は知らないかもしれませんが、「サラダ記念日」と言う俵万智(たわらまち)の短歌集が大ヒットしたのは約30年前のこと。

タイトルにもなった歌はこのようなものでした。

「この味がいいねと君が言ったから7月6日はサラダ記念日」

堪らなくいい歌ですよね。

当時、記念日ブームを触発した歌でもあります。

こんな歌が詠めたらさぞかし素敵だろうなと思いつつ、私もときどき拙い歌を詠むようになりました。

俵さんのこんな歌も大好きです。

「寒いねと話しかければ寒いねとこたえる人のいる温かさ」

時には独身貴族に憧れる事もありますが、結婚して良かったと思うことの方が遥かに多いのも事実。

と言うことで、実を言うと本日は私たち夫婦の結婚記念日でした。

5時で仕事をあがり、妻と国分寺駅で待ち合わせて、名曲喫茶「田園」に行って来ました。

90歳を過ぎたおばあちゃんが一人でやっている知る人ぞ知る伝説の喫茶店なのです。

おばあちゃんが元気なうちに一度行ってみたいねと言っていたお店だったので、遂に念願が叶いました。

20181003_175116.jpg

クラシックを聴きながらおばあちゃんの手作りのチーズケーキをコーヒーで頂いてきました。

ここで一首詠みます。

愛妻と 名曲喫茶で憩う夜 10月3日の 結婚記念日

そのあとは国分寺のお店巡り。
 
デパートでの催しの大古書市ではこんな本を購入。

20181003_232252.jpg

雑貨屋さんでは記念日の品として歯ブラシスタンドを購入しました。

20181003_232329.jpg

最後にマルイのレストランで夕食とお酒をゆっくりと頂いてきました。

20181003_213447.jpg

20181003_213609.jpg

私はこの夏に食べ損なった鰻の御膳にしました。

途中、仕事の電話もありましたが、とても幸せな記念日を過ごすことができたことに、ただ感謝あるのみ。

2018年09月28日 (金) | 編集 |
こないだの日曜日は1時に仕事を切り上げて、千葉の実家に妻と行ってきました。

20180923_155757.jpg
千葉県市原市古市場の実家

実家の兄からお袋の様子を見に来るよう言われていたのですが、なかなか時間がとれず、やっとこの日に行けたと言う次第。

2年前に会った時に、往年の勢いが全くなくなり随分老いたなぁと感じていたのですが、今回は予想を上回るほどの枯れ果てた状態でした。

ほぼ喋れず、ほぼ歩けず、腰痛に苦しんでいました。

腰をさすってあげながら、こちらから一方的に語りかけるだけの時間を過ごしたあと、兄貴夫婦とファミレスで食事をしながら、状況を聞いて帰って来ました。

最近、YOUTUBEで「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を良く聞きます。

と言うか仕事中にほぼ毎日聞いています。

その歌詞の一節に「悲しみの数を言い尽くすより、同じ唇でそっと歌おう」とあります。

四人の息子を育て上げ、8人の孫がいるお袋の人生は、色々苦労もあったけれどいい人生だったと思うのです。

母の最晩年に「安穏と静謐あれ」と、ただ祈るのみ。

最近ずっとぐずついた天気でしたが、今日は久しぶりの快晴。

20180928_093240.jpg

「いつも何度でも」の中に「繰り返す過ちのそのたび人は、ただ青い空の青さを知る」とあります。

本質的な青さ(美しさ、尊さ、感謝)を知る為の私の旅は、まだまだ続きます。

いつも何度でも←YOUTUBE

ナターシャ・グジーの歌が最高ですが、若い小娘の歌もピュアでいいです(イヒヒ)。



2018年09月17日 (月) | 編集 |
先日、お弁当を作ってもらえなかった日のお昼、愛ロードの途中にある一代元と言う中華のお店で昼食をとりました。

20180722_152257.jpg

外見があまりにも普通なので、今まで遠慮してたのですが、毎日目の前を通過しているので一度は入ってみようと思って入った次第。

カウンターだけのお店で老夫婦が切り盛りしていました。

頼んだのは「半炒飯ラーメン」です。

20180722_150441.jpg

出てきたものはやっぱり普通、と言うか見た目はややじみ目。

普通の中華屋さんで普通のラーメンと普通の炒飯を頂くのだ、お腹がくちくなればいいのだ、と思いきや…食べはじめてビックリ!

「えっ、何これ?!」。

ラーメンも炒飯も、すこぶる美味しいのである。

侮ってすみません。

私は中島みゆきの「地上の星」と言う歌が好きです。

「プロジェクトX」と言う番組の主題歌でした。

番組のプロデューサーが中島みゆきに歌の依頼をしたとき「無名の人々の光を歌にして下さい。」と言ったそうです。

そう、星は空(メジャー)だけでなく地上(マイナー)にもあるのだ。

私も地上の星として輝けるよう精進したいと思います。

ここで一首。

一代元 中島みゆきの 歌のごと 地上の星が ここにもあった

hqdefault[1]
地上の星(YOU-TUBE)←クリック





2018年09月16日 (日) | 編集 |
ここのところあまりに忙しくて更新が滞っています。

「おばた先生のブログ」ファンの皆様(いるのか?)申し訳ありません。

先週の金曜日9月7日、夕方に仕事をあがり所沢に行き、一大イベントをしてきました。

次男夫婦とその子供二人(6才男児と4才女児)、私と妻と長男、総勢7人が揃っての初めてのおでかけ。

6才男児の竜輝(たつき)が来春、小学生になるので、ランドセルを買うと言うイベントだったのです。

当然、スポンサーは私。

8月に決行する予定だったのですが、私があまりにも忙し過ぎてこの日になってしまいました。

所沢駅前の西武デパートのランドセル売場にゾロゾロと行きました。

幸いお客は我々だけ。

事前知識が全くなくて、3万円くらいかなぁと思っていたらとんでもない!

4万から8万、一番高いものだと12万もしました。

20180907_170619.jpg

ここは覚悟を決めて、当の本人が気に入ったものを、と言うことで、結局6万のものを購入しました。

選択の途中、側面に恐竜のシルエットが描かれたものがあり、当人はえらく気に入ってしまったのですが、みんなで別のものに気を移させるのに一苦労しました。

就学前に気に入っても、今後6年間使うと言うことを考えるとちょっとまずいのではないか、と言うのが大人の気持ち。

子供と言う生き物は今の事しか考えないので、そこは大人がうまくフォローせねばなりません。

しかし今にして思えば、竜輝と言う名前に「竜」と言う文字が入っているので、恐竜も良かったかも、と思わないでもありません。

その後は皆でファミレスで食事(当然スポンサーは私)をして別れました。

20180907_201520.jpg

ハイテンションなちびたちとの楽しいひとときでした。

話題は代わってスタジオでのこと。

アニメーターの仕事中にアマゾンプライムビデオで色々ウォッチしているのですが、つい先頃「宇宙戦艦ヤマト2199」全25話を完視聴しました。

いやー、面白かったですねぇー。

ヤマトmain-spのコピー

旧作をなぞりながらも、先ずはハイクオリティーな作画と3Dで魅せてくれます。

更に設定に矛盾のない整合性と奥深さが加わり、毎回が劇場作品レベル。

最終回の一つ前で、なんと森雪が死んでしまったぁー!

古代進と一緒に号泣。

そんなんありかぁー、と思いきや、最終回でちゃっかり生き返ってくれて(オイオイ)良かったです。

時も時、東所沢駅前で一昨日、そのヤマトの作画をしていたアニメーターのM女史とばったり遭遇しました。

かつて私が所属していたスタジオの後輩で、明るくて可愛かったので当時はスタジオのマドンナでした。

彼女の結婚式にも参列しましたが、その後、離婚。

人生いろいろです。

その後は二人の男の子を女の細腕で育て上げた苦労人です。

今はワンピースの版権イラストを描きながら「宇宙戦艦ヤマト2202」の原画を描いているとのこと。

ヤマトは大変でお金にならないけど好きなので描いていると言うほどのヤマト好き。

2202もネットに降りてきたら観たいと思っています。

彼女は、最近、老眼と更年期で大変だと言ってましたが、老眼の方は私も同じ。

度数が徐々に上がっていて、細かい絵の時は普通の眼鏡の上にハズキルーペを掛けて描いている状況。

抗うことのできない年齢と、今後折り合いをつけながら仕事をしていくことになるんだろうなぁと思う、今日この頃です。

彼女とはそれぞれの息子の話などして別れました。

大変なことはいっぱいあります。

しかし、どんなに大変でも、16万8千光年彼方(旧作では14万8千光年)のイスカンダルにコスモリバース(旧作ではコスモクリーナー)を取りに行った宇宙戦艦ヤマトのクルーたちに比べれば、どうってことないのだから、がんばろうと思います。




2018年09月01日 (土) | 編集 |
台湾からの短期留学生たちが、サマーコースということで8月の一か月間、アンプスに学びに来ていました。

アンプスにあるアニメ、漫画、イラスト、フィギュアの各コースをまんべんなく学んでいったのです。

アニメは私が担当して、6回の授業を行いました。

二十歳前後のいい子たちばかりで、教える側としても楽しく行えました。

8月30日には池袋の風風亭という焼肉屋さんでお別れ会を催しました。

20180830_192340.jpg

そして翌31日の最後の授業は私が担当して、みんなで一本のアニメを完成させました。

別れを惜しみつつ修了証を授与し、記念撮影。

20180831_130101.jpg

最初は緊張していた彼ら彼女らが、笑いながら最終日を迎えてくれたことが何よりでした。

再見(ザイジェン)。



2018年08月27日 (月) | 編集 |
久しぶりのブログです。

お盆休みの期間はとうに過ぎましたが、私は結局、一日も休めずに終わってしまいました。

通常授業以外に外国人(アメリカ、中国、台湾、サウジアラビア等)を対象にした授業が数多くあった(実はまだ継続中)上に、アニメーターとしての重い仕事が重なった為です。

原画を描かせてもらったスタジオポノック(もとジブリのスタッフが作った会社)の劇場作品「ちいさな英雄」の試写会にも行けませんでした。

先日、来春公開の劇場作品「えいがのおそ松さん」の第一原画が終わったので精神的にはやっとこさ一息つけたところです(モブシーンだったので大変だった)。

とは言え、テレビ作品4本に版権イラストの仕事もあるので、肉体的にはなかなか一息はつけません。

昨日(日曜)は妻にスタジオ入りして手伝って貰った為、だいぶ楽になりました。

妻が来た日はお礼もかねて、たいてい外食になります。

昨日はずっと入りたいと思っていた「オリエントスパゲティ」というお店でランチを頂いてきました。

期待以上の美味しさで大満足。

20180826_133344.jpg


ランチセットにつくドリンクの中に、なんとビールがあったので、昼間っから飲んでしまいました(ひひひ)。



ああ、特急に乗って、駅弁食べて、温泉に入れる日はいつ来るのやら…。

しかし、ライフワーク(アニメの作画と教育)に生きられる事の幸せを思えば「苦もまた楽し」です。

ただ、感謝あるのみです。



2018年08月01日 (水) | 編集 |
昨夜、二つ前の職場(TCA)で一緒だった二人の人と中野で暑気払いをしました。

teketeke.jpg

S氏は現在飯田橋にあるCG制作会社の社長さんで、M女史は表参道にあるアンティーク輸入家具のお店で働いています。

3人が揃ったのは3年ぶりなので、思い出話や近況報告に花が咲き、あっという間の楽しい3時間でした。

そして今日は8月1日。

今日からパイオニアプロダクションに新人が入りました。

かつての教え子のTさんです。

しっかり育て上げていかねば。

我が家では長男が長年のバイト生活に昨日を持って終止符を打ったのです。

今日からは在宅でフリーのCGクリエイターとして仕事をすることになりました。

いきさつは以下の通り。

長男がかつて趣味で作ったアニメをYouTubeにアップしました。

そのアニメがなんと、その作品作りに使ったソフトウェアを開発した会社の社長さんの目にとまったのです。

そしてこの度、仕事の依頼に繋がったのです。

つまり、趣味がひょんなことで仕事に繋がったと言う奇蹟のような話なわけで、我が家的には、一大ニュースと言えるでしょう。

その他にも最近、色んな変化があれやこれやありまくって、まさに新しいステージに移る時期なのかなぁと感じています。



2018年07月18日 (水) | 編集 |
私は講師としていくつもの授業を持っており、その一つ一つのために箱を用意していています。

体験入学や描画イベント等も入れると十を優に越えるので箱だけでも膨大な量になります。

これまでは3段の棚に箱同士を重ねて積んでいたのですが、取りだしにくい上、箱の重さで下の箱が潰れて、とても醜い状態でした。

どげんかせんといかん、と言うことでこの度、メタルラックを通販で購入して一段に一つの箱を入れられるようにしました。

20180718_203915 (1)

一番下には私のリュックが入るスペースをとったどー!

これでスッキリ、講師ライフ!!

アニメーターとしても常時五つか六つの仕事を持っているので作画机の方の棚分けも大変です。

今度は机の棚と引き出しの断捨離を敢行しよう!



2018年06月29日 (金) | 編集 |
今日、今年初めての休みを取りました。

今年の上半期がいよいよ終わるのですが、台湾への2度の出張があったりと、例年を上回る多忙な半年間でした。

半年に一回くらい休ませて貰っても罰は当たらないでしょう。

と言うことで、今日は妻とお出かけしました。

20180628_125411.jpg

先ずは立川のシネマ2にて「劇場版、名探偵コナン、ゼロの執行人」を鑑賞。

コナン

話が込み入っている上に公安がらみなので、子供には難し過ぎるように思いました。

クライマックスは絶対に死んでもおかしくない、と言うか生きているのが奇蹟に近いほどのカーチェイスで、見応えはありました。

劇場版のコナンはもうすっかり国民的な作品として定着していますが、今回は特に安室というイケメンキャラのおかげで歴代トップの興業収入をあげているとのこと。

ただ、私の個人的な印象としてはテレビアニメの劇場版という枠を越えているようには思えませんでした。

映画の鑑賞後は隣の駅、国立で下車して高倉町珈琲国立店でパンケーキとコーヒーを頂いてきました。

20180628_134411.jpg

この店をつくったのは、すかいらーくの創業者にして外食界のレジェンド、横川氏。

以前「カンブリア宮殿」という番組で見て凄い人だと思っていたので、一度は行ってみたいと思っていたお店だったのです。

ちなみに妻はすでに何度か来ているとのこと。

とても美味しく、雰囲気の良い喫茶店でした。

レジの所に貼り紙がしてあって、今夜22時からのカンブリア宮殿で、また横川氏が取り上げられるとのこと。

偶然とは思えず、帰宅してからもちろん観ましたが、私の職場にも通じる教訓に満ちていました。

今日、休みを取った事に深い意味を感じた程です。

国立ではその後、「アスクアジラフ」と言う、レストランと本屋と雑貨屋が融合したユニークなお店を見て回り「のりたま読本」という本を購入。

yjimage.jpg

仕事の事は一切忘れようと思っていたのすが、途中で制作進行さんから電話がきて、打ち合わせの日時を相談されてしまいました。

国立の後は所沢駅に行きました。

駅ビルとして春に出来たばかりの商業施設「グランエミオ」を見て回り、食事をするのが目的。

妻は何度も行っていますが、私は初めてだったので新鮮でした。

食事は「頑者(がんじゃ)」という、つけめんとラーメンのお店で濃厚つけめんを頂いてきました。

20180628_172934.jpg

美味しかったのですが、その前のパンケーキがボリューミーだったため、お腹がすいておらず、やっと食べ尽くしたという感じでした。

帰宅してからはお風呂に入り、少々仮眠をとってから、前述のカンブリア宮殿を観て感動。

そして締めくくりはワールドカップのサッカー(日本対ポーランド戦)を最後まで見届けました。

この試合には1ー0で負けてしまいましたが、グループ内でのトータルでの勝ち点の結果、予選は突破して決勝に進めるとのことで、まあ良かったですね。

半年に一回のお休みはこうして終わりました。